コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.03.6

夏休みにアメリカ高校留学を

「アメリカ高校留学」に関するおすすめ記事はこちら

アメリカへの高校留学を希望する方々は多いですが、日本の高校での留年が気になって、なかなか踏み切れないというケースは少なくありません。

夏休み期間中にアメリカの大学キャンパスを利用した語学留学に参加するのであれば、そうした心配は無用となります。

アメリカへの高校留学を希望する方々のお手伝いをおこなっています。

留学先の手配や宿泊先の確保、空港送迎手配および航空券の手配まで、万事対応していますので、留学に関して何もわからないという場合でも安心してお任せいただけます。

高校留学は、夢のような話ではもはやなくなっています。夏休みを利用したサマーキャンプ形式のプログラムへの参加なら、日本の高校を休む必要はありませんから、留年の心配もありません。

むしろ、サマープログラムに参加したことで、英語力がつき、その後の英語学習にはずみがついたという例が多く、日本の高校生活に良い影響をもたらしたというケースが大半です。

アメリカでは夏休み期間中に、大学のキャンパスを使ったさまざまなサマーキャンプ形式のプログラムが設定されます。アメリカは夏休みに入る前に卒業式が行われることがあるため、大学の寮も使える場合があります。

大学の寮に宿泊できることで、費用も抑えやすくなります。大学の寮でなく、近くの家庭にホームステイするというプランもあり、そうした手配もすべて、代々木留学センターでおこなっています。

夏休みの語学研修では、大学のキャンパスで午前中に英語のレッスンを受け、午後は就寝前までさまざまなアクティビティが用意されているのが通例です。夜の9時や10時までアクティビティのスケジュールがぎっしりというケースもあります。

そうしたアクティビティに常に参加していることで、英語力がみがかれます。日本語を使えず、英語しか通じない環境というのは、日本にいてはなかなか得られないものです。この語学留学中に、生きた英語がたっぷりと学べます。

夏休み期間中の高校留学であれば、ハードルが低いとして参加される方々はおおぜいいます。ご希望をお持ちの方は、代々木留学センターにお気軽にお問い合わせください。インターネットのホームページからも、ご相談いただけます。

高校留学では、日本の高校の留年問題が関わるため、なかなか踏み切れないという例も多いですが、夏休みを利用した短期語学留学であれば、その心配はなく、ハードルは低くなります。生きた英語を学べる非常に良い機会です。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ