コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.03.1

アメリカへの高校留学で大切なのは高校の選び方

高校留学をする前の準備というと、国の選び方にこだわる人が多く見られます。しかしそれ以外にも、高校留学を実現するためのポイントは多くあります。特に大切なのはどのようなことでしょうか。

英語の習得を目的として、アメリカへの語学留学を希望する学生は少なくありません。しかし留学を希望しても必ず実現できるわけではありません。アメリカの高校は無条件に希望者を受け入れるわけではないからです。一般的な高校では、希望者に対して入学のためのチェックを行います。チェックといっても、日本のように受験が必要になるケースは少ないです。多くの場合はそれまでの成績や、民間で実施されている英語力の判定テストの結果などが参考にされます。そのような複数の参考資料を用いて、トータルで判断するのが一般的です。つまり合格するには、留学のずいぶん前から学業に真摯に取り組んでいる必要があります。そのため留学を決意したら、できるだけ早く学業に対する姿勢を見直すことが大切といえるでしょう。また合格できそうだからといって、安易に留学先の高校を選ぶのは良くありません。自分に合った高校を選ぶことが、留学の成果に直結しやすいからです。アメリカの高校は、日本の高校のように偏差値でランク分けされていません。そのため選び方が分からない人も多いでしょう。いくつものポイントがありますが、たとえば在学生の男女の比率が参考になります。友人を多く作りたいなら、同性が多い学校を選ぶと良いでしょう。特に日本で女子校に通っている場合は、いきなり共学の高校に留学すると戸惑ってしまうかもしれません。そのような場合は、留学先として女子校を選ぶのも一つの手といえます。アメリカの女子校では、女性が社会で活躍するための教育が盛んです。日本の高校では見られない価値観を身につけられるでしょう。その他に、留学生の割合について調べることも重要です。留学生の受け入れが少ない高校の場合は、サポートする体制が整っていない可能性があります。その一方で、日本からの留学生が多い高校にも注意しなければなりません。日本からの留学生が集まると、日本語ばかり使ってしまいがちだからです。

高校留学の成果を大きくしたいなら、留学先の高校の選び方に気をつける必要があります。自分に適した高校を選んで語学留学を成功させましょう。そのためには、できるだけ多くの情報を収集することがポイントになります。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ