コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.02.27

高校留学とサマーキャンプはアメリカで

留学ブームの中、いろんな選択肢がありますが、昔からずっと人気の国がアメリカです。面積は日本の25倍、3億2千万人の人口の約72%が白人系なので、いかにいろんな国や地域から人々が集まってきたのかが解り、魅力ある国に間違いないでしょう。

アメリカといっても北部と南部では気候が違い、特にテレビでも馴染みのカリフォルニアは一年を通じて温かく冬も過ごしやすいので中長期留学で人気です。高校留学の場合は夏休みの期間を利用して学ぶコースでは1週間~4週間があり、ニューヨークをはじめ都市部に人気が集まっています。
また、短期の高校留学に加え、長期の全寮制のボーディングスクールやサマーキャンプも人気です。ボーディングスクールでは、キャンパス周辺の大自然をバックに環境問題を授業に取り入れているところや500席の劇場がある文化芸術面が充実している学校などがあります。グローバルな視点が身に付き、ユニークで個性的なアイデアを擁す学校が多い中、アメリカのボーディングスクールは世界的にみても総合力でトップレベルといわれ、先生やスタッフも寮や敷地内に一緒に住んでいるので生活面も安心です。
サマーキャンプは、アメリカが発祥の地といわれるだけあって今でもその伝統的なスタイルは続いています。日本の高校性が参加しているサマーキャンプでは、異文化交流を楽しむことや英語学習の強化といった形のものが年々増えています。
アメリカの郊外で行なっているサマーキャンプでは、従来通り自然溢れる環境の中で行なわれていて、多様性文化の象徴といわれる国だけあり、いろんな国の高校性が世界から集まることで、カウンセリング・スタッフも多国籍なのが特徴です。多様性や創造性溢れる雰囲気の中で、世界各国の高校性と一緒になって異文化交流を楽しめます。
また、世界の最新情報の発信地のひとつといわれるニューヨークやロサンゼルスを擁するだけあり、時代のニーズに合ったものを取り入れながらオリジナリティーのあるプログラム内容の体験ができることも人気の理由に挙げられます。ボーディングスクールやキャンプ、学校は安全な地域にあり、ハワイや本土の大都市を除くと物価も日本より安めなので、ストレスもたまりません。

サーフィン、テニスといったスポーツ系から音楽やアート関連の内容のサマーキャンプでの高校留学を開催しているところもありますので、お見逃しなく。参加条件としては、ボーディングスクール以外は一般的に英語力のレベルは問わない学校がほとんどなのでうれしいです。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ