コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.08.14

高校留学でアメリカ合衆国へ行くには?

「アメリカ高校留学」に関するおすすめ記事はこちら

当センターでは、アメリカ合衆国で過ごす貴重な夏休みの体験として、サマーキャンプのメニューを提供しています。

アメリカへと高校留学しておくことで、将来の夢や仕事の可能性も広げることができます。

代々木留学センターでは、高校時代に海外で語学を学ぶための語学留学や、短期間留学生として過ごす短期留学などを提供しています。留学先としては、語学学校や有名大学のキャンパスなどがあり、コースも一週間程度から利用できるため便利です。

アメリカ合衆国で過ごす夏休み、サマーキャンプは、全米各地にある大学と協力して、そのキャンパス内で留学生としての生活を送るというものです。大学は広大な敷地を持っていることがほとんで、日本のような狭い環境ではなく、広々とした世界で様々な体験をすることができます。

留学生同士での交流もあり、ただ語学を学ぶだけではなく、一緒にスポーツをしたり、レクリエーションをして楽しむこともあります。

初めて出会った人たちと一から絆を築いていくため、コミュニケーション・スキルが身に付くというメリットもあります。留学生は多くの国から訪れているため、多くの国の文化や習慣などを学ぶことができます。

また、滞在先としては大学の寮やホームステイなどが利用できます。ホームステイをする場合、現地に住んでいるアメリカ人の家族が受け入れ先となるため、より日常に即した英語力が身に付くことになります。

また、現地の温かな家庭や家族との触れ合いができることもポイントの一つです。受け入れ先の家庭や寮からは、キャンパスまでの送迎サービスがあります。

アメリカ合衆国には50もの州があり、それぞれの地域で文化や生活習慣なども違っています。そのため、もし高校卒業後に海外の大学への進学を考えているのであれば、その下準備や下見にもなります。あらかじめ現地の生活スタイルなどに慣れておくことで、大学進学後にもスムーズに留学生としての生活を送ることができるのです。

サマーキャンプでは、ランチや夕食などを挟んで、就寝前の時間まで色々なプログラムをこなしていくことになります。趣味やスポーツなどの様々なアクティビティがあり、日常ではなかなかできないような経験もすることができます。

アメリカ合衆国への高校留学は、このように様々な魅力に満ちています。サマーキャンプは、海外の大学へ進学する際の下見としても役立ちます。非日常的な体験ができるだけでなく、確実に将来の役に立ってくるものです。ぜひ、海外への高校留学を考えてみましょう。



代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ