コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.08.10

アメリカ新高校留学するメリットとデメリット

語学留学をする際には様々な国が候補に挙げられますが、その中でもアメリカは非常に人気の高い国と言われています。アメリカに高校留学をする際のメリットデメリットはどのようなところにあるのでしょうか。
高校留学において最も重要と言われることは、将来に向けて国際的な感覚を身に付けるために海外の雰囲気を体験しておくことや、英語を公用語とする国でどのような会話がされているのかを実際に経験することが目的です。そのため、より自然に英語を使用しているアメリカを選ぶことが多いのです。特に短期留学の場合には語学を習得することが時間的に難しい面もあり、基本的にその雰囲気を感じて将来の自分の勉強に生かすと言うことが目的になるため、言葉をしっかり覚えられると言うよりは、その雰囲気を体で感じられる場所を選ぶことになるのです。
高校在学中には様々なことを経験するチャンスがあり、またいろいろなことを経験できる年齢でもあります。その時期に集中して語学を習得することもよいものですが、世界には様々な環境があり、その中から自分が生活できる環境を選ぶことができるのだということを感じることが第一です。そのため、貴重な高校時代の時間を利用して海外に短期留学をする事は非常に意味のあることです。
一般的に語学留学と言うと最近では比較的言葉が覚えやすい国に行くのが流行しています。その理由は英語を母国語にする国に比べてわかりやすい英語が習得できるためで、アメリカのように母国語として使用する国の場合はスラングなどのくだけた表現が多く、英語の基本が習得できていない日本人にとっては非常に習得しにくい部分があるのです。そのためあえて英語を母国語としていない、比較的公用語として使用している国に留学する人が多い頃ですが、実際に英語を自分の言葉として使う場合には英語を公用語とする国の区域を知っておくことが非常に重要となります。
高校留学でこのような国に行く事は将来の自分にとって大きなプラスとなります。世界には様々な環境で様々な人が暮らしていると言うことを知ることが大きなメリットになります。ただし、英語を基礎から学ぼうと考える場合には、公用語とする国の場合にはくだけた表現が多すぎたり、学校で習った英語とのギャップに戸惑ってしまうことも多いのが大きなデメリットとなります。

高校留学でアメリカを希望する人が多い理由は、本場の英語を使う環境を体験したいと言う人が多いためです。英語の勉強をするにはその環境はあまり向いているとは言えませんが、実際に日常的に砕けた英語が使われている環境と、その人間性を体得するには非常に良い環境です。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ