コラム
  • コラム 2017.09.14

アメリカの高校留学生活を控えた日本での準備とは

こんにちは、代々木留学センターです。アメリカの高校留学で新しい生活を無理なく始めるために必要な準備とは何でしょうか。語学留学の当日を迎える前に、日本に居ながらできることとは一体どういったものだと思われますか。
語学留学先にアメリカが選ばれることは多く、高校留学でも人気の国となっています。
その理由はやはり、英語が本格的に学べること、そして言葉が体に染み込んで身に付く、そういった魅力や可能性を秘めているからです。しかし、高校留学はただ現地で生活を行えば英語が身に付くわけではなく、心構え次第で語学留学の成果は変わります。高校生活をアメリカで過ごした、という経歴だけを残さないためには、高校留学をチャンスと捉えて、語学留学の価値を発揮する生活を始めることが大切です。事前準備が不十分なままアメリカに飛び込むと、日本とのあまりの違いに驚いたり、環境に適応するのに時間がかかることがあります。日本で行える準備期間は貴重ですから、高校留学とはどのようなものかを知って、心身共に準備を済ませることが重要なポイントです。現地では、当然ながら公用語は英語ですから、耳をリスニングに耐えられるよう英語に耳を馴染ませておくと、新しい高校生活に入りやすくなります。日本に居る間から始められて、英語に対する心構えに役立つのは、子供向けの英語が使われている映像作品を、教材として活用する方法です。アメリカで製作された子供向けの映画、あるいはテレビ番組などの映像作品は日本でも充実しているので、これを教材にすると英語耳が作りやすくなります。子供でも聴き取れるように、一音一音の発音がハッキリとしていますし、何より英語の初級者でも聴き取りやすい会話のペースも特徴です。映画のDVDを始めとして、テレビ番組も今では字幕や音声の切り替えが可能ですから、こういったものを教材に活用しないのは勿体ないことです。これらの教材に語学留学前から馴染んでおくと、日本で日本語環境にどっぷりと浸かっていた耳でも、現地で英語が抵抗なく受け入れられる状態になります。子供向けの映像作品でも、まだリスニングに難しさを感じる場合は、作品の対象年齢を下げて教材を選びなおすことで、英語に対する抵抗感が払拭され身に付きやすくなります。

準備なくいきなり高校留学をして、現地の高校での授業に無理なく付いて行ける人は限られます。日常的に日本語で物事を考えたり、会話していた状態から英語耳に切り替わるまでには、時差ボケ以上に解消時間が必要です。子供向けの英語作品は、英語耳に切り替えやすい耳作りに役立つので、日本での事前準備の教材に最適です。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。
留学についてのご相談などお気軽にどうぞ [お問合せ]