コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.09.12

短期高校留学をアメリカでする場合

「アメリカ高校留学」に関するおすすめ記事はこちら

アメリカなどに高校で語学留学をする人は多いなかで、それが初めての留学の場合でも安心して現地で過ごせるよう様々なサポート体制を整えています。

また、サポートは留学生だけでなく、生徒の両親にも対応しています。アメリカへの高校留学をするとき、様々な期間や豊富な地域などから決めることができます。

なかでも人気な短期留学の場合は、最低2週間から滞在日数を指定することができ、気軽に高校留学体験をすることができる内容となっています。

アメリカへの短期留学であっても高校留学の場合は学校選びからサポートされており、大規模な学校と比較的小規模な地域型の学校などを選ぶことができます。

それぞれメリットがあり、大規模な学校の場合は設備が整っており、クラスのレベルも細かく設定されているため留学生のレベルに応じたクラスへ入りやすいということが挙げられます。

小規模な学校を選ぶメリットとしては、講師やスタッフとの距離が近いためコミュニケーションがとりやすく周りと悩みを打ち明けやすいという点が挙げられます。

また、留学サポートは出発前から対応しており、出発までの手続き業務をすべてサポートします。例えば学校手配や航空券手配だけでなく、海外保険手続きや現地の情報を細かく提供するオリエンテーションサービスも行っています。

特に留学に際して手間となるビザ申請手続きもサポートしているため、出発前の準備を滞りなく進めることができます。

アメリカの場合は留学先の学校も多いため、現地の立地条件やクラスの人数、国籍比率といったものもそれぞれ大きく異なってきます。そういった情報を細かく事前に知ることができるようサポートされており、生徒にとってより理想的な空間で留学を体験できるようになっています。

留学中には保護者へのサポートも対応しており、それは短期留学でも同じです。留学中の子供が元気で過ごしているか心配となる保護者のために、常に相談に乗るサポート体制を整えています。

たとえば荷物を現地へ送りたいという場合や、電話をかけたい、仕送りをしたい、といったことなどにも迅速に対応しています。

もちろん留学中の生徒にもサポートは行っており、相談や悩みなどをカウンセラーが引き受けています。

アメリカへの高校での短期留学は、生徒だけでなく保護者に対しても幅広いサポートを行うことで、留学先となる学校の選択から出発まで、そして留学中から帰宅までの期間を親子共々安心して過ごせるよう体制を整えています。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ