コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.06.20

アメリカへ高校留学して会話力をつける

英語の会話力を身に付けるには、アメリカへの高校留学がお勧めです。留学して、絶えず話すようにすれば、英会話はできるようになります。日本では日本語に頼ってしまうので、英語を話す力は伸びません。思い切って違う環境に身を置きましょう。

高校留学でアメリカに行ってみましょう。勇気のいることですが、英会話をマスターできます。最初は難しい方もしれません。しかし、アメリカで生活していれば、自然と言葉を覚えるようになります。覚えた言葉を、日常生活の中で使うので、会話の力はどんどん伸びていきます。高校留学は、会話の力を身に付ける良い機会です。不安なこともあるでしょう。その点は、代々木留学センターがしっかりとサポートしてくれます。この会社は、語学留学のプロです。語学留学を通して、真の国際人を育成しています
日本にいても、英会話を勉強できると思うかもしれません。確かに日本でも、それを身に付けることは可能です。しかし、毎日の生活で使うわけではありません。頭で覚えただけで、体が覚えてるわけではないのです。そのために、実際に話す場になったら、言葉が出てこないことがあります。それから日本にいたら、どうしても日本語に頼ってしまいます。外国の言葉を使わずに、コミュニケーションできるので、体に英語を覚えさせることができません。いつまでたっても、片言の会話しかできない状態が続きます
アメリカに行ったら、それは不可能です。何をする時でも、日本語は使えません。日本を使っていては、意思の疎通ができないので困ってしまいます。簡単な買い物さえも、難しいことがあるでしょう。必然的にあの国の言葉を使うようになります。最初は流暢に話せないこともあるでしょう。また相手の言うことが、ほとんどわからない場合もあるかもしれません。しかし、留学して学校で勉強して、日常生活の中で言葉を絶えず使っていたら、必ず英語をマスターできるようになります。日本人特有のぎこちない話し方ではなく、ネーティブのように話せるようになります。言葉を完璧にマスターするには、それが話されている国で生活して、勉強するのが一番良い方法なのです。歳をとると制約が出てくるので、高校や大学の時に行くのが、一番お勧めです。
英会話の能力は、アメリカへ高校入学することで身に付けることができます。日本で勉強しても、ネーティブに通じる英語を身に付けることは、ほぼ不可能です。心が柔軟な若いうちに、語学留学することで、会話の達人になれます。



代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ