コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.06.16

アメリカの高校留学で学べること

留学に興味がある方も多いと思いますが、高校留学することによってどのようなメリットがあるか、わからない人もいることでしょう。そこで今回は、特にアメリカ留学に絞っていくことで得られるものを解説したいと思います。

アメリカに高校留学で行くメリットとしてまず挙げられるのは、英語力をつけられるということです。アメリカの公用語はもちろん英語です。日々の会話から授業から。何から何まで英語なので英語を使わざるを得ない状況になります。人間そのような状況になれば、自然と覚えるように努力するようになります。アメリカに渡る前は英語が苦手科目だったという人でも、帰ってくる頃には高校レベルの英語は簡単になるでしょう。また、授業では習わないより実践的な英語を学べるという点も魅力的です。短期留学でも生の英語に触れるという体験はとても貴重なものですよ
ほかにメリットとして挙げられるのは、異文化を知ることができるということです。高校生というまだ若い時期に、日本から飛び出して自分の生まれ育ったのとは違う生活習慣を肌で感じることで、より多角的でグローバルな視野をもつことができるようになります。これからの世の中で求められるような人材は近づくことができるでしょう。とても大きな食べ物や建物、日本人にはなじみのない生活習慣など、日本では考えられないようなことが普通だったりして、改めて世界は広いのだということを実感させられます。それを恐れず積極的になってチャレンジしていけば、楽しくて忘れられない経験ができるはずです。自分の知らなったことを知るというのは、好奇心をくすぐられる刺激的な体験ですよ
また、高校留学に行ってしまうと日本にいる生徒との学力の差が生まれてしまうかもしれない、という心配もあるかもしれません。確かに少しは差がつくかもしれませんが、現地で自分で勉強すれば、そこまで大きな差はありません。短期留学であれば、尚更差はつきにくいと思います。その一方で英語はかなり上達することができるので、勉強が不要になりむしろ他の生徒よりも有利かもしれません。また、少しの勉強の差よりもはるかに自分の人生を豊かにしてくれる体験がきっとできるはずですよ。
アメリカに留学するメリットを簡単にまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。日本に居ては絶対にできない刺激的な体験の連続は、自分に大きな成長をもたらしてくれるだけでなく、人生の中でも忘れられない時期として一生の思い出になることでしょう。



代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ