コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.07.13

アメリカでネイティブの英語を学ぶ高校留学

アメリカに高校留学するのはネイティブのような英語を身に付けることができる良い時期です。高校の夏休みを利用してサマーキャンプに参加するだけでも充実した時間を過ごしながらネイティブの英語を学ぶことができます。
アメリカに高校留学するのはネイティブの英語を習うことができるだけではなく、高校生という時期に語学を学ぶのはネイティブのような英語力を短期間で向上することができる時期でもあります。アメリカへの留学にはいくつか種類がありますが、アメリカの高校留学は各州で教育体制は異なっており、それぞれの自治体が決めていて、義務教育の年数も州によって異なっています。留学生は高校の1年間に習得する単位数が決まっていてそれを満たすことで進級できます。単位数は1コマ単位で、1日に受ける授業数は5?7コマで、1コマは50?60分です。留学生の選択できる科目は様々で外国語、芸術、天文学などバラエティに富んでおり、日本では学ぶことができない科目を選ぶことができます。興味のある分野を伸ばしたいと考えるには個性を伸ばす国への留学は楽しいものとなることが期待できます。スポーツのクラスが多い学校や職業体験など課外授業が多い学校など特色は学校によって様々で、自分に合ったスクールライフを送ることができます。移民が多い国でもあるため、母国語ではない学生も多くESLプログラムも充実しているので英語に自信がなくてもESLから始めることができす。学校によってはESLの単位を認めている学校もあるので学校内で学ぶことができるところもあります。また生徒の相談にのってくれるスクールカウンセラーも在籍しているため、留学中に困ったことがある場合は相談できるので安心です。
高校留学という長期間の留学が難しいけど、アメリカで英語の勉強がしたいという場合は、夏休みなどを利用してサマーキャンプに参加するのも良い方法です。1?4週間程度の滞在が可能で、英語だけではなく様々なアクティビティで遊びながら自然な形で英語が学べる楽しいプログラムです。短期間でも実際にネイティブの英語や語学だけではない海外での生活体験や、他の国の人たちと文化交流もでき実り多いものになることは予想できます。

高校留学は短期間の英語力向上に役立ち、夏休みを利用してサマーキャンプに参加して語学だけではなく海外の生活も体験できるプログラムを活用するのも良い方法です。海外への留学は学校を選ぶだけではなく他にも様々な手続きがあるので専門にサポートしている留学センターにまずは相談するも良いことです。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ