コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.08.20

高校留学をしてアメリカで生活しよう

当センターでは、高校生の皆さんにアメリカ合衆国への語学留学を紹介しています。高校留学をして海外で過ごすことで、生きた英語が身に付く他、様々な貴重な体験をすることができます。
アメリカ合衆国には、現在3億人の人たちが住んでいます。国内には50の州があり、それぞれの地域ごとに文化や習慣なども違います。国籍や人種などが異なる、様々な人たちが暮らしているるつぼが、アメリカという国です。もし、この国の大学への進学を考えているのであれば、高校時代から準備をしておくことで、留学生としての生活を送りやすくなります。
語学留学をする場合、受け入れ先となるのは、全米各地にある語学学校や大学のキャンパスなどです。語学学校は、サンフランシスコやニューヨークといった大都会だけでなく、ボストンやサンディエゴといった町にもあり、それぞれの地域で特徴があります。海外の大学へ進学をするのであれば、なるべく現地の習慣や生活スタイルなどに馴染んでおくことが大切です。代々木留学センターでは、大学のキャンパスなどを利用した短期間の留学も紹介しているので、あらかじめ現地の様子や地理などに慣れておくことができます。
滞在先となるのは、大学の寮やホームステイなどです。ホームステイをした場合、現地の家族との触れ合いがある他、実生活に即した英語を学べるというメリットがあります。また、滞在費用も安く抑えることができるため、リーズナブルに高校留学をすることができます。目的となる語学学校や大学などへは、きちんと送迎も行われるため安心です。
滞在中のプログラムとしては、ただ語学の勉強をするだけでなく、様々なアクティビティーも用意されています。留学生同士で一緒にゲームを楽しんだり、レクリエーションに興じることもあります。一から人間関係を築いていくことになるので、自然のコミュニケーションスキルが身に付いていきます。性格が人見知りという人であっても、こういったアクティビティーがあるためすんなりと現地での生活に入っていくことができます。
また、コースとしては語学の勉強が中心となるものだけでなく、スポーツや料理などがメインとなっているものもあります。こうしたコースを利用する場合、将来の就職に向けた経験を積んでいくことが可能です。進学にとっても就職にとってもプラスになるのが、アメリカ合衆国への高校留学だと言えます。

もし、海外への留学を考えているのであれば、こういった高校留学のプログラムを利用するのがおすすめな方法の一つです。将来海外の大学へ進学したいと考えている人にとっては、その下準備や下見にもなります。語学だけでなく、様々な活動に参加して貴重な経験をすることができます。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ