コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.08.1

アメリカへの高校留学で将来役立つ経験を

高校生ともなると将来に役立つ経験を積んでおきたいと考える方も多いことでしょう。そういった時はどういった分野でも役立つ英語を身に着けるため、実際に留学してみるということがオススメです。
高校生のうちにある程度身に着けておきたいものとして、英語が挙げられます。最近はどういった業種であっても、ビジネスの国際化が進んでいるので海外とのコミュニケーションが取れる力が必要とされます。進学するにしても就職するにしても、社会人として社会に出る以上、外国語をある程度理解できて使いこなせるという事は必要なことといえます。大学生となってからも、海外の論文を読んで研究に役立てるというときには語学力が欠かせないポイントとなります。
そのため、高校生のうちに語学留学という経験をしておくことが重要になります。もちろん言葉自体は国内でも学ぶことは可能ではありますが、実際にそれを使える環境があるかどうかというと難しいことが多いでしょう。小学生のころからある程度英語に触れてきているため、簡単なことなら話せるけれど、話す機会がないという方もいるはずです。そういった高校生は高校留学で今のうちに多言語に触れる機会を持つことが必要です。語学留学は社会人でもできそうに思われますが、仕事で忙しくなるとまとまった休暇を取ることができなくなるものです。また、大人になってからよりも若い時のほうが言葉の九州の仕方が良いという事もあります。そのため、高校留学をしておくという事は将来に役立つかけがえのない経験となるということができます。
特にアメリカは多くの文化が集まる国であり、広い視野を身に着けるという面でもアメリカへの高校留学はおすすめです。まだ自分がどういった道に進んだらよいのかわからない方は、アメリカという国に身を置いてみることで、こうした多様な文化に触れることから自分の興味のあることを探ってみるのもよいでしょう。語学留学という枠を超えた、広い文化への理解ということが高校留学で得られる大きなものであるということができます。今しかできない経験をするために、今から早速準備を始めてみましょう。きっと自分の人生の中で大きな経験となり、生かしていくことができるはずです。

高校留学はこの先の人生において役立つ様々な経験ができるチャンスということができます。これから進む道がまだ決まっていない方も、興味を持てることを見つけていくためにぜひ留学をして、自分の住む国以外に身を置いてみましょう。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ