コラム
  • アメリカへの高校留学 2016.12.13

アメリカでの高校留学には楽しみがいっぱいです

アメリカへの高校留学や短期留学をサポートしており、出発前や留学中などのさまざまなケアやアドバイスを行っています。お子様はもちろん、ご家族の実務的なお手伝いにも対応することが可能です。
「代々木留学センター」は世界中への高校留学や短期留学に対応しており、アメリカへの留学にも対応しています。出発前に個別オリエンテーションを行ったり、ひとりひとりの海外経験や英語力に応じて、親切・丁寧に説明していて、細かな質問にも対応することが可能です。留学中は現地オフィスにおける24時間サポートなど、主要都市で利用することができます。アメリカの留学には交換制と私費留学があります。交換制はアメリカの国務省「国際青年交流企画」に基づいた「国際交流プログラム」による留学なので、取得するビザは学生ビザではなく、文化交流訪問者用ビザによる入国になります。ビザの期限は1年間で、公立への留学が一般的です。滞在方法はホームステイがほとんどで、私費留学の場合は学生ビザでの入国になるので、留学期間や留学先の学校も自分で選択することができたり、1年以上留学することが可能です。公立への私費留学はできないので、卒業を目指す人は私立への留学になるでしょう。ホームステイはもちろん、学生寮での生活も可能です。アメリカは学生ビザのルールが厳しく、取得状況が変化しやすいので、事前に調査が必要です。授業では日本のようなノートを取りながら先生の話を聞くといった風景はまずないでしょう。 多くの授業の場合、生徒参加型のクラスで、疑問に思ったことは積極的に生徒は質問したり、発言するのが一般的です。発言が少ないと、テストの点数が良くても評価されないケースもあります。個々の考え方や習慣などのバックグラウンドがさまざまなので、そのため生徒は自分の考えを理解してもらうため、学校生活ではもちろん、授業においても自己主張をしっかりする傾向にあります。プレゼンテーションやディスカッションなどをする機会が多く、おとなしくしていると科目の評価が下がってしまうかもしれません。恥ずかしがらずに、クラスメートや先生に自分の意見を表現するのがポイントです。

「代々木留学センター」は高校留学などをサポートしており、英語力を飛躍的向上させることが可能です。現地での快適な暮らしのため、さまざまなサポートを行っており、現地スタッフがいろいろなお手伝いを行っています。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ