コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.07.26

アメリカで多くを学ぶ為には高校留学がおすすめ

国内だけで生活をしていても英語の語学レベルが必要になってきています。本格的な学習をする為にはアメリカで語学留学をすることが最も効率的です。学習成果を高めるには高校留学がおすすめです。
英語を学習したいからとアメリカに高校留学をする為には、費用面以外に考えなければいけないことが多くあります。高校留学では宿泊先や通学する学校など事前に決めておかなければなりません。個別に決めていくこともできますが、保護者もある程度の英会話ができなければ予約をすることはできません。また、本人が現地に行くことができたとしても英語ができないとコミュニケーションができないだけではなくトラブルに巻き込まれた場合の対処もできません。留学センターを利用するメリットをいくつか検討してみましょう。
1、現地の状況を事前把握ができる。
2、トラブルの対処方法を学べる。
3、実力に合う学校を選べる。
4、ホームステイやホテル利用のそれぞれのメリットがわかる。
。それぞれ具体的に考えていきます。
1、テレビ番組だけでは現地の状況は把握できません。経験豊富な相談員から説明を受けることで現状把握ができます。不安な点はその場で質問ができる為、早く正確に解決ができます。
2、突然発生するトラブルには落ち着いて行動することが求められます。しかし、知らない土地では不安が多く本来の実力を出せないこともあります。知識として身に着けておけば万が一の場合でも安心して落ち着いて行動ができます。
3、インターネットの情報だけでは学校のレベルはわかっても、自分の実力はわかりません。留学センターでは簡単なテストなどをして最も適する学校を選択ができます。選ぶ学校を間違える心配はありません。
4、一般的に利用者が多いホームステイとホテルでの宿泊双方のメリット、デメリットが一覧表でわかります。ホームステイは食事の心配はいらないものの門限など規則が厳しい傾向にあります。ホテルは食事は自分で用意することにはなりますが、門限などなく自由に行動ができます。学習をしているのか、遊びの目的なのかによって選択をすると良いのです。ホテルはホームステイと異なり、費用負担が多くなります。

高校留学は不安もあるものの、非常に良い経験ができます。国内な親元で生活しているだけでは経験ができない他国の人とのコミュニケーションを学ぶことができます。実践的に英語を学習ができれば上達も早くなります。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ