コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.05.25

高校留学として人気のあるアメリカ

アメリカは高校留学の行き先として、人気のあるエリアの一つです。生活がしやすいことやイメージよりもかなり安全であることなどが理由です。中には高校生で留学はちょっと早いのでは、と感じる人も少なくありません。高校留学にはどのような利点があるでしょうか。

自由の国アメリカでは様々な国籍や背景を持つ生徒たちと一緒に学ぶことができます。卒業後は英語を生かして就職しようと考えている人も少なくありません。英語を使ってコミュニケーションをする相手は必ずしもアメリカ人とは限りません。相手にとっても第二言語である場合もあります。そのような時に、多種多様なエリアの人と英語を学んだ経験が役に立ちます。短期留学以外で高校留学は早すぎると感じることがあるかもしれません。外国語を学ぶことは早ければ早いほど良いというわけではありませんが、ふさわしいタイミングがあります。外国語を身につけるためには、母語が完璧に根付いている必要があります。母語が外国語を超えることはないからです。母語で十分に意思を伝え、聞いて読めることは必須です。一般的に十代半ばには母語が根付きます。中学校で学ぶ基礎的な文法やフレーズでかなりのコミュニケーションを取ることができます。高校に入ると難解なリーディングや大学入試に備えた内容へと変わり、ますます使える英語から遠ざかります。中学校で学んだ基礎を忘れないうちに高校留学をするのは優れたタイミングです。母語が根付き、容量がたくさんあるうちが留学の優れたタイミングです短期留学でも得られるものはありますが、本格的な高校留学とは目的や趣旨が異なります。短期留学では海外の生活を体験し、間違いを恐れないで話す勇気を身につけることができます。本気で英語を身に付けたいのであれば、ある程度の期間が必要です。よほど言語能力に長けているのでない限り、短期間でペラペラになることありません。当然のことですが、住んでいるだけで身につくものでもありません。たとえペラペラになっても、使わないと忘れてしまいます。筋肉と同様常に使う必要があります。留学において環境は大事です。都市にもよりますが、アメリカでも和食は人気があるので日本料理店や日本食材を手に入れることができます。

吸収力のあるうちに行く高校留学では、早いうちに英語を身につけることができます。安心して学ぶためにも、万全なサポート体制は欠かせません。海外で親元から遠く離れて留学するには事前の周到な準備が成功のカギです。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ