コラム
  • アメリカへの高校留学 2017.07.30

高校留学で憧れのアメリカへ行こう

代々木留学センターでは、高校時代にアメリカ合衆国で夏休みを過ごす、サマーキャンプの紹介をしています。高校留学でサマーキャンプに参加すれば、語学を学ぶだけでなく沢山の経験ができます。
代々木留学センターは、海外への語学留学や短期留学などを専門に扱っています。海外でサマーキャンプを過ごす場合、滞在先は語学学校や有名大学のキャンパスなどになります。現地で下見をしておくことで、将来海外の大学に進学したいと考えている人にとってもおすすめです。
アメリカ合衆国は、日本のおよそ25倍という広大な面積を持つ国です。そのため、それぞれの地域ごとに習慣や文化なども異なり、法律も州ごとに設定されています。中学生や高校生の年齢も州ごとに違い、ほとんどの州では16歳までとなっていますが、中には18歳までというところもあります。地域によって生活スタイルなどが異なっているため、アメリカへ高校留学して生活経験を積んでおけば、いざ大学に進学した際にもスムーズに留学生活を続けることができます。
滞在先としては、大学の寮や寄宿舎、ホームステイなどを利用することになります。ホームステイを選んだ場合には、アメリカ合衆国の家庭と家族にじかに触れられることになるため、より実用的な英語力が身に付いてきます。また、貴重な出会いを経験することができ、留学が終わった後でも現地の家族との交流が続く場合もあります。
サマーキャンプの受け入れをしている大学は、全米各地にあります。それぞれ広大な敷地を有していることが多く、キャンパス内はバスなどを利用して移動することもあります。キャンプ中には、語学に打ち込むだけでなく、仲間たちといっしょにスポーツをしたり、レクリエーションをして楽しむこともできます。そのため、コミュニケーション・スキルを磨くことができ、連帯感や協調性なども生まれてくるため、人見知りがちな性格の子供にとってもおすすめです。
履修する語学のコースも、英語だけでなくフランス語やスペイン語など、様々です。語学学校にはたくさんの国から色々な人たちが集まってくるため、多くの国の生活習慣や文化などを学ぶことができます。また、1クラスあたりの人数も、5、6人のところから20人以上というところまで様々です。

いかがでしょう。高校留学にはこのように多くの魅力があります。サマーキャンプに参加する目的は、一つではありません。語学を身に付けるだけでなく、仲間たちと交流してコミュニケーション能力を身に付けたり、日本ではできない経験をするなど、様々に活用することができます。


代々木留学センターは、代々木高等学校の海外留学部門が運営する留学エージェントです。

アメリカへの高校留学の相談なら代々木留学センターへ